韓国エスコートアガシ夢恋

アガシと行く観光スポット

景福宮

韓国を代表する古宮
ビルが立ち並ぶソウル中心部の一角に、荘厳な佇まいを見せる「景福宮(キョンボックン)」があります。朝鮮時代(1392~1910)の正宮として、王の政務の場、王の生活の場として知られています。その後も多くの宮殿が建てられましたが、これほど壮大な規模を誇るものは他になく、韓国を代表する古宮のひとつに挙げられます。

しかし、「景福宮」が正宮であったのは朝鮮王朝500年の歴史の中でも200年ほど。豊臣秀吉が朝鮮半島を侵攻した文禄・慶長の役(1592~1598年。韓国では壬辰倭乱(イムジンウェラン)と呼ばれる)の混乱の際に全焼。その後、約270年間も廃墟として放置されていましたが、1867年、高宗(コジョン)の時代に再建されました。

しかし1895年、宮内で高宗の皇后である明成皇后(閔妃)殺害事件がおき、王が居所を移してからは主人を失った王宮となってしまいました。1910年以降は日本によって正殿の前に総督府庁舎を建てられるなどして多くの建物が破損しましたが、主要な建築物は往時の姿を残しています。韓国アガシと貴重な歴史に触れてみませんか?


* 交通: 地下鉄3号線景福宮駅 5番出口 すぐ
* 営業時間: (3~5月、9~10月)9:00~18:00(最終受付17:00)、(6~8月)9:00~18:30(最終受付17:30)、(11~2月)9:00~17:00(最終受付16:00)
* 休日: 火曜 ※火曜が祝日の場合は通常営業